長嶋太陽

ONGOING

Magazine ⅱ Editor in Chief

Magazine ⅱ Editor in Chief

Tokyo FM ラジオ風とロック 放送作家

Tokyo FM ラジオ風とロック 放送作家

株式会社メルカリ コピーライター

株式会社メルカリ コピーライター

WORKS

BEAMS 臼田あさ美

2020

BEAMS 臼田あさ美

CHUPACHUPS FOREVERFUN ZINE エディター

2020

NYLON JAPAN 北村匠海 × 浜辺美波

2020

NYLON JAPAN Chara

2020

NYLON JAPAN Chara

SPEEDO × BEAMS COLLABORATION COLLECTION 2020

2020

SPEEDO × BEAMS COLLABORATION  COLLECTION 2020

NYLON JAPAN BiSH

2020

NYLON JAPAN BiSH

東京藝術大学 藝大人たち 舘鼻則孝

2019

東京藝術大学 藝大人たち 舘鼻則孝

東京藝術大学 藝大人たち 渋谷慶一郎

2019

東京藝術大学 藝大人たち 渋谷慶一郎

EYESCREAM 枝優花

2019

EYESCREAM 枝優花

BEAMS 小谷実由

2019

BEAMS 小谷実由

BEAMS 石橋静河

2019

BEAMS 石橋静河

J-WAVE HEISEI MOMENTS

2019

J-WAVE HEISEI MOMENTS

SPUR 長久允

2019

SPUR 長久允

The Fashion Post 染谷将太

2019

The Fashion Post 染谷将太

WE ARE LITTLE ZOMBIES 公式攻略本

2019

WE ARE LITTLE ZOMBIES 公式攻略本

NYLON JAPAN オダギリジョー

2019

NYLON JAPAN オダギリジョー

EYESCREAM Suchmos YONCE

2019

EYESCREAM Suchmos YONCE

Forbes JAPAN VOILLD NIKE

2019

Forbes JAPAN VOILLD NIKE

Speedo × BEAMS Collaboration Collection

2019

Speedo × BEAMS Collaboration Collection

Forbes JAPAN #NEXT_U30 コムアイ

2019

Forbes JAPAN #NEXT_U30 コムアイ

CINRA.NET PARCO コムアイ

2019

CINRA.NET PARCO コムアイ

HOUYHNHNM BEAMS HNF コムアイ

2019

HOUYHNHNM BEAMS HNF コムアイ

ASICS ダルビッシュライン オリジナルTシャツ

2019

ASICS ダルビッシュライン オリジナルTシャツ

東京藝術大学 藝大人たち 会田誠

2019

東京藝術大学 藝大人たち 会田誠

NYLON JAPAN 高良健吾

2019

NYLON JAPAN 高良健吾

全国ラジオ局 #このラジオがヤバい

2019

全国ラジオ局 #このラジオがヤバい

SHE IS SUMMER MICO アーティストブック

2019

SHE IS SUMMER MICO アーティストブック

The Fashion Post 高良健吾

2019

The Fashion Post 高良健吾

The Fashion Post 三浦春馬

2019

The Fashion Post 三浦春馬

HOUYHNHNM BEAMS HNF CHAI

2019

HOUYHNHNM BEAMS HNF CHAI

TEXT

とてもうるさい。

01.18, 2021

とてもうるさい。

こんなにもひとりでデスクに向かってばかりいるのに、なんだか「うるさい」と感じる。
2010年あたり、SNSに初めて触れたとき、新時代がはじまったと思った。SNSがみんなのものになれば、世の中はもっとなめらかで公正で、楽しい場所になるだろうなと思った。10年後の今、そのイメージとは異なる情報空間が目の前に広がっている。
とにかく今は、「うるさい」のだ。そこで繰り広げられる、闘争、揶揄、断絶。もちろん誰しもに何かを言う権利はあるし、それは民主主義社会の素晴らしい進歩だけれど、言葉は悲鳴であり拳であり策略でもあって、様々な用途・意図・怨念を持ったそれらが複雑なレイヤーを構築しながらゴチャゴチャに結合しあい、呪いと祝言の区別さえぜんぜんつかなくなって、いつのまにか巨大でグロテスクでよくわかんない壁が次々に立ちはだかっている。
僕はそんなゴチャゴチャの仲間になりたくなかったから、2020年、なるべく沈黙してみようと思った。一年前の言葉をめっちゃ撤回しているのだけど、システムのアルゴリズムに則った表現なんてもうぜんぜんしたくなかったし、他人事に脊髄反射して恨み辛みを投げかけるのもよくわからなかった。仕事に向き合って、オムレツを作り、ゲームをたくさんやった。いいことも難しいこともあった。結論めいたことは何も言えないけれど、とにかくそういう選択をした。
新しい年が訪れてもざわめきは増すばかりで、先生が話しはじめるまでにはまだ時間がかかるだろう。永遠に話ははじまらないかもしれないし、それでいいのかもしれない。先生なんてもういなくなっているような気もする。そしてそのざわめきはいつの間にか轟音となって、自らの小さな声を暴力的に拡声して、顔の見えない社会という大きな権力が正義の名の下に人間を苦しめている。そういう場所では風の歌は聴こえない。だから静かに注意深く考え、できる範囲で愉快に生活し、健やかに生きるための準備をしていきたいと思っている。

個人的でありながらひらかれている。

12.31, 2019

個人的でありながらひらかれている。